Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

佐渡でお遍路に行ってみませんか?佐渡八十八カ所

Posted by あらきやすし - 2016年5月31日

お遍路、といえば四国で弘法大師所縁のお寺八十八山を巡ること、、、

いつかお遍路に行ってみたいと思うけど、なかなか四国までは、、、という方も多いかと思います。

ところが、実は佐渡にも八十八カ所の霊場があり、お遍路めぐりができるのです。

お遍路はもともと四国が発祥ですが、全国各地にも同様の霊場があります。佐渡でも江戸時代に、四国の霊場の土を奉持し佐渡遍路が作られました。その後、廃寺された霊場もあったため、昭和の初期に一度「佐渡四国八十八ヶ所」として整理し直し、さらに平成16年に「再度整理されたのが、「佐渡八十八ヶ所霊場」です。

この春、佐渡の八十八カ所を巡るツアーが開催されるということで、参加させて頂きました。首都圏に事務局を置く「NPO法人佐渡遍路」さんが主宰するツアーで、首都圏をはじめとした佐渡島外から多くの人が参加します。毎年春に二十二山を巡り、四年で一巡となります。

sadohenro-001

佐渡八十八ヶ所霊場の幟

佐渡島内を回っていて、こんな幟を見かけた方もおられるのではないでしょうか?この幟のあるお寺が佐渡八十八ヶ所の札所になります。佐渡遍路の一番札所は 真野地区にある「国分寺」です。実はこのツアーは今年で6回目。既に二巡目に入っており、今年は二三番札所から四四番札所まで回ります。実は私、昨年に続いて今年は二回目の参加です。

 

sadohenro-002

ご住職が案内して下さいます

両津港から出発、バスでの移動です。佐渡のご住職が同行して下さいます。お遍路の巡礼先では般若心経を唱えます。事前にお経の写本が配布されます。

お揃いの半纏は、主催のNPOのオリジナルのもの(任意購入)。巡礼先に着いたら、お経を唱えます。

sadohenro-003

本殿の前で般若心経を唱えます

各札所は、いずれも由緒あるお寺です。境内や本堂の中も拝見させて頂きました。

sadohenro-004

佐渡最古のお寺と言われる国分寺(一番札所)

sadohenro-005

石名清水寺 木喰上人の木喰仏(二十二番札所)

 

お堂や仏像、本堂内の装飾など それぞれのお寺の違いを知る事もできます。お遍路は特定の宗派に限られてはいないので、様々な様式に触れる事も出来ます。また佐渡では明治維新の廃仏毀釈の後も、神仏習合のお寺も数多く残っています。

sadohenro-006

智光坊(五番札所)の本堂に 七福神の恵比寿様?

今回ご紹介したお寺は、八十八ヶ所の中でもごく一部です。また佐渡には280程のお寺が現存していると言われています。

ちなみに、お遍路は宗派はもちろん、信仰心の有無も問わないそうです。ツアーに参加するもよいですし、ご自分のペースに併せて巡るのも良いかと思います。佐渡のお寺を巡る事で、佐渡の歴史や文化・自然風土や季節を感じてみてはいかがでしょうか?

[佐渡でお遍路に行ってみませんか?佐渡八十八カ所]へのコメントはこちらから

佐渡の名水・箱根清水を汲みに行こう!

Posted by あらきやすし - 2015年6月16日

佐渡は離島ですが、二級河川の国府川はじめ河川も多く、また農業用水用にダムも幾つかあります。さらに新潟県内では最も大きな湖・加茂湖(ただし汽水湖)もあり、水が豊富にあります。天然の湧水も各地にあり、そこで美味しい水を汲む事も出来ます。

よく話に聞くのが、両津・羽黒神社にある「箱根清水」。あそこの水は特に美味しいとの話を何度も聞いているうちに飲んでみたくなり、先日ついにホームセンタでポリタンクを購入し、行ってみました。

羽黒神社

羽黒神社

こちらが羽黒神社です。結構急な感じに見える石段があります。本殿はその向こうでしょうか、木々に遮られて見えませんが、なんともパワースポット感がします。ちなみにこちらの羽黒神社は壮大な流鏑馬(やぶさめ)が催される事でも有名です。

では、ポリタンクを抱えながら、箱根清水を頂きに行きましょう。門をくぐり、石段を登って行きます。

羽黒神社の石段

羽黒神社の石段

結構しっかりした感じの石段で、手すりも設けてあります。真っ直ぐ伸びて行く石段です。だいたい200段くらいでしょうか、登っていくと、そこには本殿・・・

・・・まさかの降り

・・・まさかの降り

・・・ではなく、まさかの 降’(くだ)り です。その向こうには赤い橋、さらにその先は再び上りの石段が見えます。さすが佐渡屈指の名水、そう簡単に汲む事は出来ないのでしょうか。。

鳥居が見えました

鳥居が見えました

橋を渡ると、鳥居が見えてきました。もう少しです。(いえ、数分も経ってないんですが・・・)

羽黒神社本殿

羽黒神社本殿

本殿に到着です。石段の下は普通に住宅や田んぼが広がっていますが、ここはなんとも別世界のような静かな空間になっています。周囲は木々で覆われていますが、ここだけ太陽の光が降り注いでいます。

本殿に参拝をして、箱根清水を頂く旨お願いをしまして、、、さて、どこで汲めるんでしょうか? 本殿の周りをグルグル探し回りましたが、それらしいところは見当たりません。

あれ?

 

実は、箱根清水を汲むのは、ここ本殿ではありません。 ・・・なんと、実はここだったのです。

箱根清水はここで

箱根清水はここで

あまりに普通に水道が引いてあるので、気が付きませんでした。階段の下、神社の入り口で汲むことが出来たんです。。。まあでも、本殿まで行き、神様にお断りと参拝できたので、良しとしましょう。。。

箱根清水の湧き出し地点

箱根清水の湧き出し地点

箱根清水の湧き出し地点は、この門から左手へ約300mほど先にあります。ただ、門の下の方が、ポリタンクなどには汲みやすいかなと思います。

汲みます

汲みます!

ちなみにこのポリタンク、写真では小さく見えますが、20L入る大きなものです。半分ほどでも約10kg、結構重いですね。

佐渡市湧き水調査報告書(平成23年度 新潟県環境衛生研究所・佐渡市)に、ここ箱根清水を筆頭に、佐渡の主要な湧水に関する調査結果が掲載されています。ここには

羽黒山 又はドンデン山から湧き出すことから、箱根清水と呼ばれるようになったものとされる。 湧水はこんこんと湧き出し(図 4.1.3)、どんな渇水期でも枯れたことがないと伝えられてい る。その湧出量の多さから農業用水や生活用水など、さまざまな用途に使用されている。

 

と紹介されてます。汲んで来てた水でご飯を炊いているのですが、美味しくなったような気がします!

[佐渡の名水・箱根清水を汲みに行こう!]へのコメントはこちらから