Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

飛行機での佐渡旅が便利に!新潟空港から直通のミニライナー

Posted by あらきやすし - 2017年6月11日

20170611-airportliner

西日本や北海道方面から佐渡へ旅行される場合、まず飛行機で新潟空港まで着て頂くのが早くて楽なのですが、新潟空港から佐渡汽船が発着する港へのアクセスが不便でした。。タクシー利用なら約25分ですが、バスだといったん新潟駅南口行きのリムジンバスに乗り、駅構内を歩いて反対側万代口から路線バス、、でした。

それが、2017年7月から、新潟空港←→新潟港佐渡汽船前直通のミニライナーが走ることになりました!20187年3月末まで社会実験としての運行になりますが、毎日、カーエリーの時刻表に合わせて運行されます。事前予約も必要ないそうですよ。これは便利ですね!

[飛行機での佐渡旅が便利に!新潟空港から直通のミニライナー]へのコメントはこちらから

佐渡羽茂の「ストリート文弥人形」公演

Posted by あらきやすし - 2014年12月23日

先日(12月14日)、恒例の「羽茂大市」が開催されました。寒波襲来の影響で佐渡も大雪となりましたが、多くの出店者・来場者で賑わいました。

「羽茂大市」は歳末に開催される、南部では大きなイベントです。その会場の一角で『文弥人形』の公演も催されました。

『文弥人形』は、国の重要無形民俗文化財にも指定されている佐渡の伝統芸能です。もともと佐渡金山で賑わっていた佐渡では人形芝居が盛んでした。明治になって、その「人形芝居」と“盲人の座語り”であった「文弥節」が結びつき「文弥人形」となりました。

百聞は一見に如かず、という事で実際の『文弥人形』をご覧ください。

「虫紋座」の皆様で、「源氏烏帽子折」の第一幕です。

第二幕、第三幕はこの日の昼過ぎ・夕方に分けて上演となりました。

bunya-11-1 bunya-11-1_0002

通常は屋内で公演する事が多いのですが、この時は「ストリート文弥人形」と銘打ち、まさに路上に舞台を設置しました。羽茂大市会場は交通規制が掛かっていなかったこともあり、公演中も自動車や歩行者が舞台前を横切っています。

「伝統芸能を鑑賞する」環境としては、決して恵まれているとは言えませんが、このように身近なところで「伝統芸能」を楽しむ事ができるのは、佐渡の魅力の一つではないでしょうか。

[佐渡羽茂の「ストリート文弥人形」公演]へのコメントはこちらから

ポッポのパンさんが新潟市に実店舗を開店

Posted by あらきやすし - 2014年10月20日

ポッポのパン 新潟実店舗

天然酵母、全粒粉のパンで佐渡でお馴染の「ポッポのパン」さんが、新潟市内に実店舗を開店しました。

ポッポのパンさん、実店舗は佐渡にもありません。とはいえ、島内各地の商店などで購入が出来ます。佐渡以外では、ネットの通販で購入することが出来ましたが、実店舗だと実物を目にしながら、焼き立てを購入する事も出来ます。これはもう、行くしかありません!

場所は新潟市西区五十嵐一の町。新潟大学五十嵐キャンパスの近くです。ナビを頼りに向かいましたが、割と分かりやすい場所にあります。新潟市の中心市街地から車で20~30分ほど、近くにバス停・JR新潟大学前駅があります。

新潟市の人にわかりやすく説明すると、西大通・新大入口交差点より寺尾よりにある五十嵐一交差点(ガストがあります)を、西総合スポーツセンター方面に入るとすぐです。

お店の外観

お店の外観

民家を改装したっぽいお店です。入口は通りの反対側です。

エントランス

お洒落なエントランス

入口を入ると、お洒落なテラス風のエントランスがあります。さすがにオープンカフェにはなってないのですが、雰囲気はすごく素敵です。

お店の内部

ポッポのパン 新潟実店舗 お店内部

売り場のスペースは、そんなに広くありません。何坪も無いかなと言う感じで、3~4人もお客が入ると、もういっぱいという感じです。しかし、色々な種類にパンが並んでいます。佐渡には実店舗では無く、商店(ハーティ・ウッズさん、Aコープさん、喜右エ門さんなど)で販売されていますが、こんなにたくさんの種類はなかなか並びません。手書きのポップで、一つ一つ、どんなパンなのか説明があるのも嬉しいです。

開店したのは2014年10月9日。それから10日程経った平日のお昼頃ですが、買いに来るお客さんが入れ変わり立ち変わりといった状態でした。

天然酵母と全粒粉のパン

天然酵母と全粒粉のパン

ポッポのパンさんは、1996年に佐渡で創業、猿八という集落に工房を構え、天然酵母100%、全粒粉、小麦は国産(岩手県産と佐渡産)、ライ麦はドイツ産を基本に、パンを焼いています。種類もたくさんあるので、結構迷います。

購入したパン

買ってきました

とりあえず、今回は割とベーシックなパンを選んで買ってみました。左からライ麦全粒粉100%パン全粒粉100%パンソフトプレーン、チョコパン(手前) です。たくさん買ってしまいましたが、1~2日は日持ちしますし、冷凍庫なら1か月ほど保存できます。(短期間なら冷蔵庫の野菜室でも大丈夫です)

ライ麦全粒粉100%パン

ライ麦全粒粉100%パン

ライ麦全粒粉100%パン、もっちりしていて、けっこうずっしりしています。薄くスライスして食べると良いようです。そんなに大きくはないのですが、ずっしりしているので、満足度も高いです。

全粒粉100%パン

全粒粉100%パン

天然小麦と国産小麦の、全粒粉100%のドイツパン。外見はドイツパンらしく堅そうですが、中はしっとりした感じです。今回は購入しませんでしたが、ベーグルも美味しそうでした!

新潟に出店した理由は

新潟市から全国へ発送

新潟市の実店舗で焼いたパンを、楽天や自社サイトから通信販売で発送しているそうです。これまでは佐渡・猿八から発送していたのですが、天然酵母や無添加のパンが支持され、全国から注文が来るようになったのに伴い、悪天候による船便欠航を回避する目的もあり、新潟市で焼いて発送する形になったそうです。

お店は午前11時から、商品が無くなるまで営業(火曜・水曜定休)。できれば早めに、または事前に予約もできるそうです。

新潟市近郊の皆さん、佐渡・猿八発の「ポッポのパン」ぜひ一度お試しください!

[ポッポのパンさんが新潟市に実店舗を開店]へのコメントはこちらから

1 / 512345