Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

噂の「あいぽーと佐渡」ってどんなところ?

Posted by あらきやすし - 2015年6月17日

今年3月にオープンした「あいぽーと佐渡」、ご存知ですか?両津港ターミナルのすぐ近くに出来た施設です。カーフェリーからもご覧のように、その姿を見る事が出来ます。

あいぽーと佐渡(2014年12月撮影)

あいぽーと佐渡(2014年12月撮影)

すぐ近く、、、と言って両津港ターミナルからは歩くと5分ほど。両津港ターミナルにはバス乗り場、レンタカー営業所も併設されているため、なかなかここまで歩いていく人は、まだまだ少ないようです。かくいう僕も、、まだ行ったことがありませんでした。そこで、先日休みの日、箱根清水を汲みに行く前に、行ってみました。

あいぽーと佐渡 正面

あいぽーと佐渡 正面

まるで「古墳」のようにも見える外観です。外壁は芝生で覆われ、緑色に彩られる予定ですが、なにぶんまだオープンしたばかり、芝生も成長途上です。屋上は緑地広場、両津港が一望できるとの事。

あいぽーと佐渡屋上 緑地広場

屋上 緑地広場

この日はやや曇り気味でしたが、晴れていたら眼前に広がる両津湾を見渡せ、とても気持ちよさそうです。 では、中に入ってみましょう。ふたたび地上に戻ります。

中に入ります

中に入ります

「あいぽーと佐渡」は多目的ホール(約280人 収容可)を中心とするインフォメーションセンターです。館内には国際会議やセミナーを開ける多目的スペースや催事スペース、調理室などがあり、展示会や懇親会、料理イベント、フリーマーケットなどが催すことが出来ます。

インフォメーションセンターです

インフォメーションセンターです

という事で、エントランスに入るとまず目に入って来るのは、佐渡の魅力をPRする展示スペースです。

佐渡の観光情報も展示

佐渡の観光情報も展示

周遊バスの案内や観光マップなど、佐渡観光に役に立つパンフレットなどもそろっています。

佐渡のうまいもん"あいぽーと直売j所"

佐渡のうまいもん”あいぽーと直売j所”

そして、祭事スペースの一角には直売所があります。地元・両津夷商店街が運営しているんでしょうか、佐渡のお土産や特産物が販売されています。なんでも両津港ターミナルのシータウン商店街よりコンパクトにまとまっているので買い物しやすい、という声もあるとか。

催事スペース

催事スペース

催事スペースは、海側に開けたガラス張りの会報的な空間です。実はこの日は、翌日から始まる展示会「佐渡キルト展」の準備中でした。

多目的ホール

多目的ホール

多目的ホールの中をちょっと見せて頂きました。最大280席、ステージもあり、セミナーや講演会、国際会議もここで行うことが出来ます。が、この日は催事スペースだけでは収まりきらない「キルト展」の展示準備中でした。

と言う訳で、残念ながらこの日は特に催事やイベントは行われていませんでしたが、、、受付カウンターで、こんなものがありました。

金塊チャレンジ!

金塊チャレンジ!

金塊のつかみ取りチャレンジです。これは佐渡金山でやっている「純金の金塊妻みどりチャレンジの”レプリカ”です。

こちらは佐渡金山の純金の金塊

こちらは佐渡金山の純金の金塊

純金では無く合金という事で、大きさは佐渡金山の金塊より少し大きいのですが、逆に少し軽くなってるそうです。取り出し成功したら、なんと記念に金の延べ棒・・・型のボックスティッシュをもらえるとの事。

軽い気持ちでチャレンジしてみたのですが。。。。なかなかこれが難しいです。受付の職員さんからアドバイス頂きながら、なんとか取り出し成功しました。

金塊型ボックスティッシュ

金塊型ボックスティッシュ

「あいぽーと佐渡」では、イベントなどで塞がっていなければ日曜日に地元・両津夷の皆さんが「鬼太鼓」の練習を行ってるそうです。先日は、島外から観光出来ていたお子さん達と一緒に鬼太鼓体験も行ったとか。

まだまだ出来たばかりで、あまり人も来ていませんがいろいろな活用の仕方が出来そうな施設です。両津に来られたら、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

あいぽーと佐渡の公式サイトはこちらです。 https://www.city.sado.niigata.jp/z_ot/i-port/

開催イベントや利用条件などはこちらでご確認ください。

 

 

コメントはこちらから