Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

あれ、大野亀頂上に善宝寺?

Posted by あらきやすし - 2012年6月5日
頂上にある石塔

頂上にある石塔

昨日のブログで書きました、大野亀の頂上にある石塔ですが、佐渡観光協会さんのサイトには

標高167メートルの一枚岩が海に突き出しているその姿はまさに圧巻。頂上には善宝寺石塔があり、外海府の全貌を一望できます。初夏のトビシマカンゾウ、岩を彩る岩百合は険しい風景の中に華やかさを添えてくれます。

と記載されています。あれ、でも大野亀の入口には鳥居がありましたよね。なのにお寺・・・?まぁ、この辺は江戸時代の神仏融合の名残かもしれませんが。

そういえば「善宝寺」どこかで聞いたことあるような。そうそう、津神島公園です。ここに「善宝寺」があります。

津神島公園の善宝寺

津神島公園の善宝寺

この建物は明治18年に私設の灯台として建てられたもので、1階部分に「海上安全・大漁満足を祈願して善宝寺をまつりと案内板に記載されています。「善宝寺」で検索してみると、同じな前のお寺が全国にたくさんある事が分ります。中でも山形県鶴岡にある善宝寺が大きく有名なようです。

沢根篭町善宝寺-佐渡市の文化財(佐渡市世界遺産推進課さん)
http://www.city.sado.niigata.jp/sadobunka/k/c/city07.htm

こちらの佐渡市さんのページには、沢根にある善宝寺についての解説が掲載されています。

漁業の盛んであった頃には、この地区だけでも30隻に余る漁船があり、海上の安全と大漁を祈る善宝寺信仰が大変厚かったようです。

なるほど、善宝寺は海上の安全と大漁祈願のご利益があるお寺のようですね。それで海に突き出た大野亀にも善宝寺を奉っていたんでしょう。探せば佐渡にももっとたくさん、善宝寺があるかもしれません。

[あれ、大野亀頂上に善宝寺?]へのコメントはこちらから