Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

佐渡の古刹「アジサイ寺」、今が見頃です!

Posted by あらきやすし - 2015年6月27日

佐渡の蓮華峰寺(小比叡)は、別名「アジサイ寺」とも言われています。境内に約5000株のアジサイが植えられてあり、見ごろを迎えるとその見事さから、多くの人が島内外から訪れてきます。今日(2015年7月27日)、佐渡を含めた新潟県地方はまとまった雨、梅雨らしい天候となりました。小雨が降ったり止んだりの中でしたが、小比叡の蓮華峰寺へ行ってきました。

蓮華峰寺

蓮華峰寺、今年もアジサイが見ごろを迎えました

雨模様の中でしたが、普段より多くの人が既に訪れていました。それでも広い境内、ゆっくりアジサイを見る事が出来ます。

色とりどりの味彩が境内を彩っています

色とりどりの味彩が境内を彩っています

蓮華峰寺

右も左も、アジサイの花

蓮華峰寺

青いアジサイ・・・

蓮華峰寺

赤紫のアジサイ・・・

蓮華峰寺

白いアジサイ・・・

ちなみにここ蓮華峰寺は、弘法大師が開基したといわれるている、佐渡を代表する古刹。境内には数多くのお堂や門があり、江戸時代やそれ以前に建てられたものも少なくありません。その多くが国を始めとした重要文化財に指定されています。

蓮華峰寺

広い境内、どこに行ってもアジサイが咲いています

佐渡八十八カ所霊場の、大トリを飾る「第八十八番札所」でもあります。アジサイの時期以外でも、一見の価値あるお寺様です。

蓮華峰寺

御地蔵様も嬉しそう

最後に、動画もご覧ください。

[佐渡の古刹「アジサイ寺」、今が見頃です!]へのコメントはこちらから

佐渡汽船高速フェリー「あかね」見に行ってみた

Posted by あらきやすし - 2015年5月12日

2015年4月21日から就航している、新造高速カーフェリー「あかね」。これまで2時間40分かっていた小木~直江津間を1時間40分で結んでいます。

akane-000
佐渡・小木では、定期就航前日の4月20日(月)に一般公開&試乗会が開催されましたが、僕は所用があり行けませんでした。そこで先日、「あかね」が入港する時間に合せて小木港へ行ってみました。

小木港には、広い芝生の広場があり、ここから「あかね」の姿を見る事が出来ます。天気の良い日曜日と言うこともあって、お子さん連れや、イヌを連れてる家族連れ、さらにロングライドの練習中と思われる自転車ライダーの皆さんの姿も見えました。

「あかね」が見えてきました!

「あかね」が見えてきました!

堤防の向こう側に「あかね」が見えました。ゆっくり、ゆっくり進んでいます。最高速度30ノット(時速にすると約55km/h)という高速カーフェリーですが、港湾内は高速で走行できないため、ゆっくり進んでいる姿しか見る事が出来ません。

「あかね」が港に入ってきます。

「あかね」が港に入ってきます。

堤防を回り、全体が見えてきました。ここで一回、大きく旋回します。

船体が空洞になっています。

船体が空洞になっています。

正面から見ると、船底が大きな空洞のようになっています。「あかね」はカタマランという種類の双胴船なのです。

船体の朱鷺の絵が映えます。

船体の朱鷺の絵が映えます。

埠頭の前まで進んできました。ここからバックして、ターミナルに接岸します。ここから先は動画でご覧ください。

目の前で実物の「あかね」を見ると、想像していたよりも大きい感じがしました。接岸後、次々に車が降り、程なくして折り返し便に乗船する車が次々に船体に乗り込んで行きました。

いや、こうして目の前で見ると、カッコイイですね。同じ公園で「あかね」を見ていたご夫婦とちょっとお話したのですが、こちらのお父さんは既に乗船されたらしく、船内の様子も色々教えて頂きました。船室内は結構広く、ゆったりしているそうです。売店もあり、なかなか快適。ただ1時間40分で着いてしまうので、眠る時間が無かったとか。

尚、従来のカーフェリーとは異なり、全席指定のイス席になるそうです。

それではもう一つ、折り返しで出航する「あかね」です。

[佐渡汽船高速フェリー「あかね」見に行ってみた]へのコメントはこちらから

あったかほっこりわっくわく!たたこう館まつり

Posted by あらきやすし - 2014年12月30日

先回ブログに書きました(「羽茂大市」「しまふうみさん」)、大寒波襲来の日ですが、両津港ターミナル待合室で、ちょっと気になるチラシを見つけました。

たたこう館まつり のチラシ

ほっこり する手書きのチラシ

「たたこう館」とは、鼓童文化財団 が運営する『佐渡太鼓体験交流館』。鼓童の活動拠点・佐渡小木地区にあり、太鼓体験などが出来る施設です。・・・と言っても、話に聞いたことがあるだけで、まだ行った事ありません。せっかく羽茂まで行くのであれば、ちょっと足伸ばして、「たたこう館」のある深浦まで行ってみようと言う事になりました。

大雪なんですけど、人がいっぱい

たたこう館外観

大雪なのに、結構賑わってます!

はじめてやってきた「たたこう館」。場所は小木港から車で20分ほど。鼓童村や旧深浦小学校の近くです。小木深浦も、大雪で結構な積雪でしたが、駐車場は既に満杯、少し離れた臨時駐車場へ停める事になりました。

実はこの「たたこう館まつり」、入場料金が必要です。(大人800円、子供500円、未就学児無料)。

特に有名人が来る訳でも無いのに有料のイベント、それなのにこの人気。「鼓童」の人気の強さでしょうか。あと、めったに出来ない「太鼓体験」も参加できるという事で、この機会にという方も多そうです。(ちなみに平時の「太鼓体験」も、要事前予約ですが、個人でも・お一人でも申し込みできます)

入場券

入場券

受付で入場料をお支払。手書きの、なんとも“ほっこり”した感じの入場券をもらいました。これ、しっかりラミネート加工されてます。

館内ロビー

佐渡産木材を使用、館内は全体的に明るく暖かい感じ

佐渡産木材を使用、館内は全体的に明るく暖かい感じです。

ホールも大賑わい

ホールも大賑わい

ホールでは、イベントの他に無農薬野菜や天然酵母のパン、布織物から鼓童グッズなどの物販が催されています。

「太鼓芸能集団 鼓童」手作りのオリジナル大太鼓

「太鼓芸能集団 鼓童」手作りのオリジナル大太鼓

アン・グランパさんの出張レストラン

アン・グランパさんの出張レストラン

2階にある“伝統料理体験室”では、佐和田の「アン・グランパ( (Un Grand Pas)」さんの出張レストラン。佐渡の食材を使ったお洒落なランチという事で、こちらも賑わってます。隣の部屋では“アドベントカレンダー”づくり、“下げ紙(お正月飾り)”づくり体験も行われてます。

ミニ太鼓体験はじまる!

ホールに戻ってみると「しんちゃんせんせいのミニ太鼓体験」がちょうど始まる所でした。「鼓童」の経験と蓄積をいかしたプログラムで、普段は60分~90分ほどの内容を、短縮して開催しています。

ミニ太鼓体験

ミニ太鼓体験

老若男女、誰でも参加OK、という事で。見ていてとても楽しそうでした。

地域づくりコース実習生発表会

地域づくりコース実習生発表会

この後、「鼓童文化財団地域づくりコース実習生」の発表会。

「地域づくりコース実習生」とは、これまで「鼓童」が培ってきた、佐渡の自然や文化の中で学んだ経験・ノウハウを活かし、地域振興のために活かせる人材を育成する事を目的に作られた制度で、現在二人の実習生が、小木・三崎地区で様々な事を体験し学んでいるそうです。

発表会といっても堅苦しいものではなく、とても分かりやすく、そして楽しく、会場のお客さんも一緒に参加する形で、三崎地区の様々な自然や文化などを紹介してくれました。

続いて、住吉地区の元気なお姉さんグループ「姉樽」の皆さんによる樽太鼓の演奏が始まりました。この後もまだイベントが続くのですが、他の予定もあったため、後ろ髪引かれる思いを押さえつつ、「たたこう館」を後にしました。

新潟市で太鼓体験

そうそう、「しんちゃんせんせいの太鼓体験」が、2月に新潟市で開催される事が決まりました!

日時:平成27年2月14日(土) (1)11:00~ (2)13:00~
会場:ホテルメッツ新潟
募集人数:各回15名 合計30名(定員に達し次第締め切ります)
参加費:3,000円(CoCoLoメンバーズ会員様は無料)
応募方法:CoCoLo新潟・長岡の館内に設置してあるCoCOLo情報誌「Voyage」の応募用紙に必要事項を記入し応募BOXに投稿

 

[あったかほっこりわっくわく!たたこう館まつり]へのコメントはこちらから