Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

佐渡汽船高速フェリー「あかね」見に行ってみた

Posted by あらきやすし - 2015年5月12日

2015年4月21日から就航している、新造高速カーフェリー「あかね」。これまで2時間40分かっていた小木~直江津間を1時間40分で結んでいます。

akane-000
佐渡・小木では、定期就航前日の4月20日(月)に一般公開&試乗会が開催されましたが、僕は所用があり行けませんでした。そこで先日、「あかね」が入港する時間に合せて小木港へ行ってみました。

小木港には、広い芝生の広場があり、ここから「あかね」の姿を見る事が出来ます。天気の良い日曜日と言うこともあって、お子さん連れや、イヌを連れてる家族連れ、さらにロングライドの練習中と思われる自転車ライダーの皆さんの姿も見えました。

「あかね」が見えてきました!

「あかね」が見えてきました!

堤防の向こう側に「あかね」が見えました。ゆっくり、ゆっくり進んでいます。最高速度30ノット(時速にすると約55km/h)という高速カーフェリーですが、港湾内は高速で走行できないため、ゆっくり進んでいる姿しか見る事が出来ません。

「あかね」が港に入ってきます。

「あかね」が港に入ってきます。

堤防を回り、全体が見えてきました。ここで一回、大きく旋回します。

船体が空洞になっています。

船体が空洞になっています。

正面から見ると、船底が大きな空洞のようになっています。「あかね」はカタマランという種類の双胴船なのです。

船体の朱鷺の絵が映えます。

船体の朱鷺の絵が映えます。

埠頭の前まで進んできました。ここからバックして、ターミナルに接岸します。ここから先は動画でご覧ください。

目の前で実物の「あかね」を見ると、想像していたよりも大きい感じがしました。接岸後、次々に車が降り、程なくして折り返し便に乗船する車が次々に船体に乗り込んで行きました。

いや、こうして目の前で見ると、カッコイイですね。同じ公園で「あかね」を見ていたご夫婦とちょっとお話したのですが、こちらのお父さんは既に乗船されたらしく、船内の様子も色々教えて頂きました。船室内は結構広く、ゆったりしているそうです。売店もあり、なかなか快適。ただ1時間40分で着いてしまうので、眠る時間が無かったとか。

尚、従来のカーフェリーとは異なり、全席指定のイス席になるそうです。

それではもう一つ、折り返しで出航する「あかね」です。

[佐渡汽船高速フェリー「あかね」見に行ってみた]へのコメントはこちらから

新造高速カーフェリーの愛称が「あかね」に決定

Posted by あらきやすし - 2014年9月16日

来春(2015年)に小木~直江津間に就航予定の新造高速カーフェリーの愛称が「あかね」に決定しました。今年就航した「ときわ丸」同様、一般から愛称を募集し、その中から“夕日に染まる日本海のイメージ、朱鷺色、佐渡の豊かな実りのイメージ”から選ばれたそうです。

佐渡汽船ウェブサイト

http://www.sadokisen.com/info/?cd=183

詳細は上記URLから佐渡汽船さんの公式発表をご覧ください。

佐渡汽船さんでは、従来からカーフェリーは「ときわ丸」「おけさ丸」のように“丸”を付けていました。対して、ジェットフォイルや両泊航路に就航する高速船は“丸”を付けない愛称となっていました。

今回「あかね」と、“丸”を付けなかったのは、高速フェリーという点を重視したのかなと思います。

船体に大きく描かれる朱鷺のイラストがなんとも印象的で「あかね」という船名もしっくりきますね。

完成予想図からの推測ですが、1等船室は船首部分のUの字型の部屋のようです。船首からの風景が楽しめるのは、「ときわ丸」の展望デッキに続いてかなと思います。

[新造高速カーフェリーの愛称が「あかね」に決定]へのコメントはこちらから

新造船の名称が決まりました

Posted by あらきやすし - 2013年4月29日

以前、このブログでもご紹介していました、佐渡汽船さんの新造船の名称が決定しました!

その名も「ときわ丸」です。

2013年卓上カレンダー

新造船イメージ(2013年卓上カレンダー)

新潟日報さんの記事によると、

船名は1729件の公募の中から選ばれた。由来は、永久不変を意味する「常盤」と、佐渡で野生定着を目指す「トキ」、「和らぎ」の「わ」を合わせたという。

という事で、なんとも素敵な名前に決まりましたね。

今年は佐渡汽船さん創立100周年という大きな節目の年でもあります。「ときわ丸」は来年春就航予定、今から楽しみですね。

[新造船の名称が決まりました]へのコメントはこちらから

1 / 212