Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

佐渡路線バスの旅 逸見酒造さんで酒蔵見学

Posted by あらきやすし - 2014年7月8日

佐渡で酒蔵見学ができる蔵元は4カ所。そのうち二つが真野にあります。どうせなら2か所とも見学しようと、小木港ターミナル前から佐和田行のバスに乗ります。真野までは約1時間です。

佐和田行のバス

佐和田行のバス

真野新町の一つ先「長石」のバス停で降ります。酒蔵見学を実施している「逸見酒造」さんは、「真野新町バス停」よりも、ここ長石バス停の方が微妙に近いのですが。(と言っても、ほぼ中間点です)

逸見酒造さん

逸見酒造さん

こちらが「逸見酒造」さんです。「佐渡で一番小さな酒蔵」でありながら、創業は明治初年という伝統ある蔵元です。酒蔵見学は4月~11月頃に実施。酒造りの忙しい時期は見学は出来ないようです。

蔵の内部

蔵の内部

蔵に入ると、思ったより静かです。6月は酒造りの時期ではないので、当然ですが。

普段見学に訪れる人は少ないのか「よくここが分かりましたね」と訊かれました。でもその飾り気のない、素のままの蔵の中を見せて頂けました。

逸見酒造さんの和釜

今では珍しい和釜

こちらは酒米を蒸す「釜」です。昔ながらの「和釜」に今でも拘って使っているそうです。現在では和釜で酒米を蒸しているところはとても少ないのだとか。

逸見酒造さんのもろみタンク

もろみタンク

こちらは「もろみタンク」です。詳しく説明すると長くなるので・・・ よくテレビなどでも登場しますが、杜氏さんが長い棒を持ってタンクの中をかき混ぜてますよね。それをやるのが、ここ「もろみタンク」なのです。

一通り、蔵の中を見学させて頂いた後、今日は何で移動しているのか訊ねられたので「路線バス乗り継いでます。朝、両津から小木まで行ってきまして・・・」と話したら、半ば呆れられながらも「じゃ、飲んでも大丈夫ですね」と、試飲を薦めて頂きました。

逸見酒造さんのお酒

逸見酒造さんのお酒

佐渡で一番小さな・・・と言っても、かなり多くの種類のお酒を造っています。『真稜』と言っても、本醸造、吟醸、大吟醸、さらに県内でも珍しい山廃仕込みなど、、、他にも『至』や『一味真』『佐渡金山』などなど・・・

『至』は自分の名前の一字でもあるので気になったのですが、実際試飲して、一番美味しいと思ったものをお土産にしました。

さて、この後はもう1軒の酒蔵見学ができる蔵元へ向かうことに。

・・・と思ったら、「すぐ近くだから送っていきますよ」と車を出していただけることに。歩いて15分ほどのところですが、車なら数分。ありがたいです。

(続きます)

[佐渡路線バスの旅 逸見酒造さんで酒蔵見学]へのコメントはこちらから