Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

大佐渡スカイラインで紅葉ドライブ

Posted by あらきやすし - 2015年10月18日

秋も深まり、紅葉も楽しみな季節になりました。離島ながら標高1000m級の大佐渡山脈を尾根沿いに走る 大佐渡スカイライン も紅葉の名所として有名です。
美しい紅葉と、佐渡を一望できる眺望が同時に楽しめる大佐渡スカイライン をドライブしてみました。

この動画では、佐渡金山(相川)方面から白雲台(金井)方面へ走っています。交流センター白雲台 は標高850m、ここから佐渡の国仲平野、真野湾から両津湾まで見渡せます。そう、佐渡が地図と同じ形をしているのが分かる場所なんです。天気が良く空気が澄んでいれば、遠く北アルプスあたりの山々まで見えます。

今回は相川方面から登ってみました。史跡・佐渡金山 の前を通り、坂道を登って行きます。登って行くにつれ、周囲の木々も色つ着いて行きます。やがて尾根に出ると、見通しも良くなりました。巨大な浮島が有名な4県天然記念物の 乙和池 や、巨大な山桜・千竜桜 の前を通り、さらい進んでゆくと 交流センター白雲台の建物が見えてきます。

来週は、小佐渡山地側の紅葉の名所、その名も「紅葉山」で恒例の「紅葉山まつり」が開催されます。こちらでは見事な効用に加えて芸能披露(文弥人形)、柿の皮むき大会、さらに周囲は松茸の産地ということで、松茸探しやダーツゲームなどのイベントも行われます!

[大佐渡スカイラインで紅葉ドライブ]へのコメントはこちらから

昔の白雲荘と風力発電所

Posted by あらきやすし - 2014年11月3日

大佐渡スカイラインは、明日11月4日より、展望台~相川ゲート間が冬季閉鎖となります。開通は、例年通りなら来年4月下旬頃になるかと思います。

交流センター白雲台

交流センター白雲台

この「白雲台」は2010年に完成したもので、売店、レストラン、展望台などがあります。駐車場も広いので、ここから眺望を楽しむ団体客の姿もよく見かけます。さらにここを出発点にトレッキングへ向かう人も大勢います。

白雲台の展望デッキ

白雲台の展望デッキ

展望デッキから、国仲平野・両津湾・真野湾と一望できます。まさに“佐渡が佐渡の形に見える場所”です。

この建物が出来る前の、白雲台の写真が出てきました。撮影したのは2002年頃です。

昔の白雲台

昔の白雲台→白雲荘

なんとも、昭和の香りが漂う建物です。建物の真ん中には「展望台」の文字が。右の方に「大佐渡高・・・」と、木の影になってしまっていますが、ここに「白雲荘」の文字がありました。そう、この建物は「白雲台」ではなく「白雲荘」でした。

すこし靄がかかってしまってますが、建物の向こうには小佐渡山地が見えています。右の方に「新潟交通佐渡直営 ばい店」」と書かれた建物も見えます。

白雲荘と風力発電所

白雲荘と風力発電所

こちらは、下の方から見あげた白雲台。左手に大きな風車があります。これは風力発電所。大佐渡のランドマーク的な存在になっていましたが、現在は撤去されています。

この風力発電所を設置した会社「株式会社トラッドシステム」さんのサイトによると、平成8年(1996年)に設置、平成18年(2006年)に撤去されたとの事です。今だったら、再生可能エネルギー法もあるので、採算採れてたのかも・・・しれないですね。

今思えば、どことなくドンデン山荘に雰囲気が似ている白雲台でした。

 

[昔の白雲荘と風力発電所]へのコメントはこちらから

大佐渡スカイライン・ドンデン線冬季閉鎖

Posted by あらきやすし - 2013年11月11日

大佐渡スカイラインと県道ドンデン線(入川~ドンデン山荘間)は今日10時より冬季閉鎖となりました。

ドンデン山荘からの眺望

ドンデン山荘からの眺望(2011年10月撮影)

今日は強い寒波が入った影響で佐渡でも初雪が降りました。

なお、ドンデン線(梅津~ドンデン山荘)は道路工事のため既に閉鎖になっています。

冬季閉鎖は例年4月中~下旬頃に解除されます。

[大佐渡スカイライン・ドンデン線冬季閉鎖]へのコメントはこちらから

1 / 212