Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

しままるしぇで、こだわりの『柿餅』をGet!

Posted by あらきやすし - 2014年12月23日

「しまふうみ」さんの敷地内、駐車場のすぐ前に小さな市場スペース「しままるしぇ」があります。

しままるしぇ

しままるしぇ

この日は寒波の影響で佐渡全域が大雪となってしまいましたが、それでも駐車場には車が何台も停まっています。さすが人気スポットの「しまふうみ」さん

「しままるしぇ」も、悪天候にめげずに営業しています。ここで毎週土日に出店しているのが『佐渡の柿餅本舗』さん。「柿餅」とは、古くから佐渡の農家で作られている、いわば「農家のおやつ」です。

柿餅本舗さんは、佐渡産の原料に拘って『柿餅』を作っています。今年の8月から、ここ「しままるしぇ」での販売を始めたそうです。

柿餅・柚子餅

柿餅・柚子餅

手ごろな大きさにカット、パックされていますので、お土産にも丁度良い感じです。オーブントースターやホットプレートなどでゆっくり焼いて食べると美味しいとの事です。

柿餅本舗の五十嵐さんご夫妻

柿餅本舗の五十嵐さんご夫妻

「柿餅」を「佐渡のお菓子」としてより多くの人に知って欲しいと、佐渡に移住された五十嵐さんご夫妻が『佐渡の柿餅本舗』を運営しておられます。

我が家のお土産用として「柿餅」を購入しました。お正月頃に家族で食べようかと思っています。どんな味がするのか楽しみです♪

 

[しままるしぇで、こだわりの『柿餅』をGet!]へのコメントはこちらから

佐渡羽茂の「ストリート文弥人形」公演

Posted by あらきやすし - 2014年12月23日

先日(12月14日)、恒例の「羽茂大市」が開催されました。寒波襲来の影響で佐渡も大雪となりましたが、多くの出店者・来場者で賑わいました。

「羽茂大市」は歳末に開催される、南部では大きなイベントです。その会場の一角で『文弥人形』の公演も催されました。

『文弥人形』は、国の重要無形民俗文化財にも指定されている佐渡の伝統芸能です。もともと佐渡金山で賑わっていた佐渡では人形芝居が盛んでした。明治になって、その「人形芝居」と“盲人の座語り”であった「文弥節」が結びつき「文弥人形」となりました。

百聞は一見に如かず、という事で実際の『文弥人形』をご覧ください。

「虫紋座」の皆様で、「源氏烏帽子折」の第一幕です。

第二幕、第三幕はこの日の昼過ぎ・夕方に分けて上演となりました。

bunya-11-1 bunya-11-1_0002

通常は屋内で公演する事が多いのですが、この時は「ストリート文弥人形」と銘打ち、まさに路上に舞台を設置しました。羽茂大市会場は交通規制が掛かっていなかったこともあり、公演中も自動車や歩行者が舞台前を横切っています。

「伝統芸能を鑑賞する」環境としては、決して恵まれているとは言えませんが、このように身近なところで「伝統芸能」を楽しむ事ができるのは、佐渡の魅力の一つではないでしょうか。

[佐渡羽茂の「ストリート文弥人形」公演]へのコメントはこちらから

昔の白雲荘と風力発電所

Posted by あらきやすし - 2014年11月3日

大佐渡スカイラインは、明日11月4日より、展望台~相川ゲート間が冬季閉鎖となります。開通は、例年通りなら来年4月下旬頃になるかと思います。

交流センター白雲台

交流センター白雲台

この「白雲台」は2010年に完成したもので、売店、レストラン、展望台などがあります。駐車場も広いので、ここから眺望を楽しむ団体客の姿もよく見かけます。さらにここを出発点にトレッキングへ向かう人も大勢います。

白雲台の展望デッキ

白雲台の展望デッキ

展望デッキから、国仲平野・両津湾・真野湾と一望できます。まさに“佐渡が佐渡の形に見える場所”です。

この建物が出来る前の、白雲台の写真が出てきました。撮影したのは2002年頃です。

昔の白雲台

昔の白雲台→白雲荘

なんとも、昭和の香りが漂う建物です。建物の真ん中には「展望台」の文字が。右の方に「大佐渡高・・・」と、木の影になってしまっていますが、ここに「白雲荘」の文字がありました。そう、この建物は「白雲台」ではなく「白雲荘」でした。

すこし靄がかかってしまってますが、建物の向こうには小佐渡山地が見えています。右の方に「新潟交通佐渡直営 ばい店」」と書かれた建物も見えます。

白雲荘と風力発電所

白雲荘と風力発電所

こちらは、下の方から見あげた白雲台。左手に大きな風車があります。これは風力発電所。大佐渡のランドマーク的な存在になっていましたが、現在は撤去されています。

この風力発電所を設置した会社「株式会社トラッドシステム」さんのサイトによると、平成8年(1996年)に設置、平成18年(2006年)に撤去されたとの事です。今だったら、再生可能エネルギー法もあるので、採算採れてたのかも・・・しれないですね。

今思えば、どことなくドンデン山荘に雰囲気が似ている白雲台でした。

 

[昔の白雲荘と風力発電所]へのコメントはこちらから