Loading

佐渡にこいっちゃBLOG

北一輝と湊いっき(その2)

Posted by あらきやすし - 2014年10月29日

前回に引き続き、「北一輝と湊いっき」です。

北一輝の生家

北一輝の生家

こちらが、近代日本を代表する思想家の一人 北一輝の生家です。 堂々と「北一輝の生家」と看板が掲げられていますが、その面持は昔ながらの商店のよう。現在は、一般公開はされていませんが、この日は「湊いっき」という事もあり、ここで『北一輝展』が開催されています。

一輝の佐渡時代の写真や、親族・恩師の写真など

一輝の佐渡時代の写真や、親族・恩師の写真など

北一輝の幼少期の写真や、父母、中学校の恩師の写真などが展示されています。北一輝が佐渡で過ごした時代を中心に紹介しています。

北一輝 関連の書籍

北一輝 関連の書籍

そして、北一輝に関する書籍がずらり。と言っても、これは世に出た関連本のうちのほんの一部なのかもしれません。気になったのは・・・手塚治虫のマンガも。北一輝をモデルとしたと『一輝まんだら』という作品です。手塚治虫も魅了した北一輝・・・、まさに佐渡の郷土の英雄です。

ちなみに、北一輝の墓所も、両津地区にあるほか、湊地区内にある八幡若宮社には、顕彰碑も建立されています。

昭和の両津・湊の写真展

昭和の両津・湊の写真展

北一輝の生家からちょっと離れたところでは、昭和の両津・湊の写真展も開催されていました。

昭和の佐渡の写真展

昭和の佐渡の写真展

佐渡の観光地図

佐渡の観光地図

昭和30年台?40年代?の観光地図です。海府(右上の方)と前浜(右下)はバス路線が無く(破線になっています)、代りに船が各集落間を結んでいました。また、小木から前浜を経由して新潟港へ靴フェリーも運行していたようです。

昭和39年のカーフェリーと昭和天皇・香淳皇后

昭和39年のカーフェリーと昭和天皇・香淳皇后

左は、昭和39年のカーフェリー「おけさ丸」。現在の「おけさ丸」と比べるとずいぶん小さい船です。この年に開催された新潟国体(一巡目)の開会式の後、天皇皇后両陛下が、佐渡を訪問された時の写真です。御召船となった「おけさ丸」に、5隻の護衛船が随行したそうです。

新潟地震の津波

新潟地震の津波

その8日後、新潟地震が発生しました。両津にも津波が襲来し、多くの家屋が浸水する被害を被りました。なかなか見る事が出来ない、貴重な写真をたくさん見る事が出来ました。

時間はお昼前、商店街は多くの人で賑わっています。もう1か所行きたい所があったので、そろそろ「湊いっき」の会場を離れることに。

マーカスのパンやさん

マーカスのパンやさん

なにやら、やたら人が集まるブースが。。

ちょっと気になりつつ、適当に写真だけ撮って、次の目的地へ移動しました。(今思えば一生の不覚・・・)

なにはともあれ、両津の歴史や偉人の軌跡、さらに伝統芸能も楽しめる、素敵なお祭りでした。

[北一輝と湊いっき(その2)]へのコメントはこちらから

北一輝と湊いっき(その1)

Posted by あらきやすし - 2014年10月28日

湊いっき

「北一輝(きた いっき)」

明治から昭和初期にかけて活動した思想家です。昭和12年に発生した「二・二六事件」で、事件には一切関与していないにも拘らず、事件を起こした青年将校達の“理論的指導者”とされ、死刑となった人物です。

歴史の授業でも、「二・二六事件」が取り上げられる際に北一輝の名前も登場するので、「よく分からないけど、名前は聞いたことある」という人も多いかと思います。(かく言う僕も、その一人でした)

この北一輝、実は佐渡・両津湊の出身です。そんな両津湊で9月28日、「湊いっき」なるお祭りが開催されました。

まだ10時過ぎ・・・人はまばら

まだ10時過ぎ・・・人はまばら

さわやかな秋晴れ・・・と言うか、9月下旬とは思えない程暖かくなりました。(むしろ暑い)時間はまだ10時半前。まだ人はまばらです。

両津湊とは、両津港ターミナルより南側の地区になります。もともと「湊」と「夷」という、二つの港(津)が一つになった事から「両津」という地名が生まれました。湊の商店街は、昭和の風情がそのまま残っています。

「姐樽」の皆さんによる「樽太鼓」

「姐樽」の皆さんによる「樽太鼓」

しかし、賑やかな太鼓の音が聞えてきます。「姐樽」の皆さんによる樽太鼓。両津湊のすぐ近く 住吉出身の女性たちが結成した樽太鼓のグループです。

消火体験コーナー

消火体験コーナー

消防車も登場、ちびっ子向けに、消火体験や消防服を着ての記念撮影なんかやってます。地元の商店街のお祭りって感じです。なんかほのぼのとしていて、ほっとする感じです。

石焼き芋 1本200円!

石焼き芋 1本200円!

11時を過ぎると、だんだん人も増えてきました。佐渡ならでは、地元産の野菜や食材も売られています。・・・石焼き芋、1本200円、これちょっと安いですね。しかし、この日は10月目前とは思えない程・・・暖かい。

流しそうめん!

流しそうめん!

なんと、この陽気を予期していたのか、流しそうめんをやってました。こちらは子供達に大人気の様子。

そして、またまた賑やかな太鼓の音が聞えてきました。そう、佐渡と言えば鬼太鼓です。

子供鬼太鼓

子供鬼太鼓

行って見ると、地元・湊の子供達による 勇壮な鬼太鼓です。「鬼太鼓」は、各地区毎に伝わる伝統芸能。子供の頃からこうして伝承されて行くのでしょうか。「もっと腰を下ろせ!」と厳しい声を浴びせられながら、一生懸命演舞しています。

さて、「湊いっき」と銘打ってる訳ですから、忘れてはいけないのが「北一輝」です。実は北一輝の生家も、この商店街に面しています。と言う訳で、やってきました「北一輝の生家」です。

北一輝の生家

北一輝の生家

(次回に続く)

[北一輝と湊いっき(その1)]へのコメントはこちらから

希少!佐渡牛のステーキを こさど さんで実食!

Posted by あらきやすし - 2014年10月27日

佐渡牛のステーキ

「佐渡牛」とは、佐渡で育った黒毛和牛です。生産される数が少ないため、「幻の牛」とも呼ばれるとか。佐渡でも食べられるお店は限られています。

ドンデン山の佐渡牛

ドンデン山の佐渡牛

ドンデン山などでのびのびと放牧された牛は、自然の芝生を食み、さらに飼料も、トキ放鳥に合せて自然環境に配慮した佐渡の風土を反映して安心・安全な牛肉なのです。

レストラン&バー こさど さん

レストラン&バー こさど さん

今まで、なかなか機会が無かった「佐渡牛のステーキ」を食べたいと思い、真野新町にある洋食屋さん「レストラン&バー こさど」さんへ行きました。

ちなみに、Yahoo!JapanやGoogleで「佐渡牛」と検索すると、「レストラン&バー こさど」さんが1位に表示されます。

こさど さん店内

こさど さん店内

こさど さんでも、佐渡牛が入荷しない時期もあります。(その際は他の産地の黒毛和牛のステーキになります)この日は、佐渡牛は入荷しているとの事。早速注文します。

佐渡牛のサーロインステーキは、お手頃な120g、しっかり食べたい240g、もっとがっつり食べたい360gとあります。まあ今回は、120gで・・・。

佐渡牛サーロインステーキ(120g)

佐渡牛サーロインステーキ(120g)

来ました、念願の「幻の牛」、佐渡牛のサーロインステーキです。ちなみに和牛はランクがA1~A5とあり(数字が大きい方がランクが上になります)、こさどさんではA3以上のものを提供して下さってるとか。

ちょっとドキドキしながら、一口。。「口の中でとろける」ってよくテレビなどで聞くフレーズですが、まさにその通り。甘くて柔らかくて、それでいてジューシーで。いや、120gでこれなら、240gや360gはどんな世界なんだろう・・・。とにかく美味しかったです。

地酒飲み比べ

地酒飲み比べ

レストラン&バー こさど さんは、洋食だけではありません。自家焙煎のコーヒーやスイーツなども揃えているので、ランチタイムからちょっとしたコーヒーブレイク、そしてディナー、バータイムまで幅広く楽しむ事が出来るお店です。アルコールも200種以上揃っています。今回は、日本酒、それも「地酒飲み比べ」を頼んでみました。

左から、真野鶴 辛口純米酒、真野鶴 辛口吟醸、真稜 純米酒 と並んでいます。いずれも真野新町にある蔵元の銘酒が、グラスになみなみと注がれています。写真だと小さなグラスのように見えますが、結構ボリュームありました。

佐渡牛のステーキに、佐渡の地酒という、かなり豪華な組み合わせでしたが、佐渡の味をしっかり堪能できました。またお金を溜めて、いつか360gのステーキを食べてみたいです!

[希少!佐渡牛のステーキを こさど さんで実食!]へのコメントはこちらから