旧相川鉱山 大間港:相川街角散策:エリア別おすすめガイド:佐渡にこいっちゃ-勝手に佐渡観光情報サイト
Loading

エリア別おすすめガイド

大佐渡エリア

国仲エリア

小佐渡エリア

旧相川鉱山 大間港

2014年8月13日更新
大間港

相川の市街地に隣接する「大間港」。明治時代、佐渡金山の近代化に伴い、物資や燃料の搬入や生産品(金・銅などの鉱物)の搬出に使用されました。現在でも多くの遺構を見る事が出来ます。

立派な赤レンガの倉庫立派な赤レンガの倉庫

大間港の入口は、少しわかりにくい場所にあります。入口にはこの赤レンガの倉庫が建っています。見る限り、歴史を感じる重厚な建物です。

この倉庫の左側を抜けるとすぐに大間港ですが、ここには「私有地につき 立ち入り禁止 ケガをされても責任は負ません」と書かれた看板があります。うーん、入って良いのか悪いのか、悩むところですが同行して下さってた地元の方から「大丈夫」と言われたので、先に進みました。

案内板に詳しく解説案内板に詳しく解説

先に進んで見ると、きちんとした案内板が設置されています。

ますます、入って良いのか悪いのか、よく分からなくなってしまいます。

という事で、こちらへの立ち入り・見学は自己責任でお願い致します。

ローダー橋脚とクレーン台座ローダー橋脚とクレーン台座

「ローダー橋」の橋脚後(左)と、クレーン台座(右)です。「ローダー橋」とは、貨物を運ぶクレーンやトロッコが通った橋の事です。海の上に貼り出すように架けられたローダー橋を使い、佐渡鉱山から算出された鉱石を船に積んでいたそうです。

トラス橋トラス橋

トロッコに積まれた鉱石は、この「トラス橋」から下の小船に落下させ積み出されました。他にも、当時を偲ばせる遺構が多数残っています。

Access:アクセス情報

地図

佐渡市役所相川支所より徒歩で尖閣湾方面へ、徒歩約8分。「菓子舗 さすけ」の角を海の方へ入り進むと、赤レンガの倉庫が見えてきます。

[路線バス]海府線「大間」下車、徒歩約1分。

GoogleMapへ