弾崎灯台:エリア別おすすめガイド:佐渡にこいっちゃ-勝手に佐渡観光情報サイト
Loading

エリア別おすすめガイド

大佐渡エリア

国仲エリア

小佐渡エリア

弾崎灯台

2014年6月12日更新
弾崎灯台

地図で見ると佐渡の一番上、最北端にある白い灯台です。1957年の映画『喜びも悲しみも幾年月』の舞台になった灯台としても有名です。

最北端という事もあり、あたりは静かです。 灯台のすぐ近くにある岬の展望台に行くと、すぐ近くには「はじきのフィールドパーク」や「二ツ亀」といった有名な観光地があり、夏になると賑わいます。

「喜びも悲しみも幾年月」の銅像「喜びも悲しみも幾年月」の銅像

1957年に公開された「喜びも悲しみも幾年月」( 木下恵介監督)の舞台となったのが、この弾崎灯台でした。

私が生まれるずっと前の作品なのですが、たいへんな名作なのだそうです。 灯台守の夫婦の物語です。

灯台のすぐ近くに、映画を記念した銅像が建っていて、映画のテーマソングが流れ出す仕掛けになっています。

灯台設置当時から残っている囲障(塀)設置当時から残っているのはこの塀のみ

現在の灯台は平成元年に建て替えられたもので、映画が撮影された当時ものとは異なります。

設置当時から残っている物は、灯台を取り囲む囲障(塀)だけとなっています。

弾崎灯台の一般公開一般公開は毎年カンゾウ祭りの日に開催

この弾崎灯台、年に一度だけ内部が一般公開されます。

一般公開は毎年6月上旬に大野亀で開催される「カンゾウ祭り」の日に行われます。見学は無料、めったに入る事の出来ない灯台内部を見学できます。

弾崎灯台は海上保安庁が管理していますが、現在は職員は常駐していません。しかし、一般公開の日には職員の皆さんが、灯台内部を案内して下さいます。

灯台からの眺め灯台からの眺め

長いらせん階段を登りきると、素晴らしい眺望が楽しめます。二ツ亀やはじきのフィールドパーク、海の向こうには粟島や本州の山々まで見渡すことが出来ました。

灯台内部のランプ灯台内部のランプ

こちらは灯台の内部、ランプの部分です。記念館や資料館などで展示されているものを見る事はできますが、こうして現役のランプを見る機会は滅多にありません。

台座部分は免震装置になっており、地震が起きてもランプが途切れる事が無い様になっています。

このランプは水銀を使い浮かせることで、回転させているそうです。この水銀を使用した装置も今では少なくなってきており、弾崎灯台でも来年(2015年度)には新しい装置に交換となるそうです。

Access:アクセス情報

地図

両津港より車で大野亀方面(県道佐渡一周線)へ約50分。

[路線バス]両津港より内海府線乗車(約70分)藻浦下車。

GoogleMapへ