宇治金太郎さんとキンちゃんの碑(日本最後のトキ餌付けの地):エリア別おすすめガイド:佐渡にこいっちゃ-勝手に佐渡観光情報サイト
Loading

エリア別おすすめガイド

大佐渡エリア

国仲エリア

小佐渡エリア

宇治金太郎さんとキンちゃんの碑

2014年11月9日更新
宇治金太郎さんとキンちゃんの碑

真野地区、西三川に「日本最後のトキ餌付けの地 宇治金太郎さんとキンちゃんの碑」があります。“キンちゃん”とは、日本の野性生まれの最後のトキ、キンの事です。保護した宇治金太郎さんの名から1字もらい、“キン”と名付けられました。

キンへ餌付けする宇治さんキンへ餌付けする宇治さん

昭和43年(1968年)、一羽のトキの幼鳥が、ここ真野の地に迷い出てきました。当時、野性下のトキの数は減り続け、絶滅が危惧されていました。この幼鳥は、群れからはぐれて真野まで来てしまったのです。

そこで、真野町から依頼を受けた宇治さんが、毎日このトキの監察員を務めました。やがて宇治さんの手のひらから餌をついばむ程になりました。宇治さんも「トキ子」と呼び、我が子のようにかわいがりました。

ここまでトキと心を通じた人は、他には居ないそうです。

キンのはく製キン(はく製)

しかし、翌年の春に、宇治さんはトキ子の保護を依頼されます。悩んだ末、宇治さんはトキ子を保護しました。トキ子を保護した際、宇治さんは大粒の涙を流したと伝えられています。宇治さんは、生涯、トキ子の長寿と子孫繁栄を願い続けたそうです。トキ保護センターに移されたトキ子は、キンと名付けられました。

キンは子孫こそ残せませんでしたが、推定36歳と鳥類としても異例の長生きをします。

他のトキが死んで行き、最後の1羽になっても生き続けました。その間の飼育の記録は、トキの人工飼育技術にたいへん大きな功績を残し、中国のトキ繁殖にも役立てられました。やがて、中国から佐渡へ贈られてきたトキの数が順調に増えていた事を見届けたかのように、キンは宇治さんの元へ旅立って行きました。

国道沿いの案内板国道沿いの案内板

この記念碑は、宇治さんとトキの話を後世に伝えようと、平成21年(2009年)に建てられました。宇治さんがはじめてキン(トキ子)に餌付けをした地と言われています。

国道360号線に、目印になる看板があります。(看板から碑まで、車で概ね15分ほど)

Access:アクセス情報

地図

両津港より車で真野方面へ(南線)、真野新町より国道350号線で小木方面へ。大倉谷地内の左手にある案内板で左折、西三川デイサービスセンターを過ぎた先にある交差点で右折。(両津港より約1時間)

GoogleMapへ