佐渡金山:エリア別おすすめガイド:佐渡にこいっちゃ-勝手に佐渡観光情報サイト
Loading

エリア別おすすめガイド

大佐渡エリア

国仲エリア

小佐渡エリア

佐渡金山

2014年8月4日更新
佐渡金山 道遊の割戸

「佐渡」と聞いて先ず「金山」を思い浮かべる人も多いと思います。近年ではこの佐渡金山を中心に「佐渡金銀山遺跡」として世界遺産への登録を目指しています。(2011年11月ユネスコの暫定リストに加えられました。)

上の写真は「道遊の割戸」です。 江戸時代に入った頃から本格的な金の採掘が始まりました。そしてとうとう、山を二つに割ってしまいました。

佐渡金山の入口佐渡金山入り口

ここが佐渡金山の入口です。ここから「宗太夫坑道」「道遊坑道」に分かれます。

入口の正面には大型のバスも停められる広い駐車場があります。

佐渡金山が初めてという方は「宗太夫坑」、一度行った事があるという方には「道遊坑」がおすすめです。さらに上級者におすすめなのが「江戸時代専門コース」です。

宗太夫坑コース
江戸時代の採掘の様子を再現した見学コース。「佐渡金山は初めて」という方におすすめ。
道遊坑コース
明治期に開削された坑道や鉱山の工場などが見学できるコース。2009年リニューアルしました。
江戸時代専門コース
佐渡金山発見端緒となった秘境を巡る、コアなコース。2014年「ガイド付 山師体験コース(当日受付可)」と「ガイド付 山師皆伝コース(要事前予約)」の二つのコースに再編されました
開館時間 4月~10月 8:00~17:30
11月~3月 8:30~17:00
入館料 坑道周遊コース:大人1,400円・小中学生1,400円(宗太夫・道遊を周遊)
宗太夫坑または道遊坑道のみ:大人900円・小中学生450円
ガイド付 産業遺産散策コース:ガイド料:大人2,200円・小中学生1,100円
ガイド付 山師体験コース:大人2,400円・小中学生1,200円
ガイド付 山師皆伝コース(要事前予約):大人3,400円・小中学生1,700円

※ 2014年8月現在確認したものです。上記の他に団体割引があります。江戸時代専門コースは雨天時(父の割戸を省略した場合)料金が変わります。詳細は佐渡金山さんのサイトなどでご確認下さい。

Access:アクセス情報

地図

車で両津港より国道350号線を佐和田・相川方面へ(佐和田より県道45号・31号経由)で約40分。

相川市街より車で佐渡金山・大佐渡スカイライン方面へ約5分。

[路線バス]8月1日~8月31日の期間中一部路線のみ佐渡金山まで直通します。両津港より本線乗車(約70分)佐渡金山下車。

GoogleMapへ